桜が満開。桜は桜でも?

自宅の庭にある桜は、同じ地域の桜が満開を過ぎた頃、まだまだ元気に咲いています。 その理由は、あの開花宣言で目安にされているソメイヨシノではないからです。 セイヨウミザクラと言って、ソメイヨシノより少し遅れて開花し、その後6~7月ごろに美味しいサクランボが実ります。 このセイヨウミザクラは、日本では山形・福島・長野・山梨・新潟・北海道などの寒冷地で多く育てられています。そんな木が西日本にある自宅の庭にもあるのですが。 植樹してから20年近く経ちますが、特に気にした事はありませんでしたが、ここ数年、枝ぶりが良くなって、綺麗に花を咲かせるようになってから、ご近所さんに褒められるので、「これは西洋実桜という種類なんですよ!」と説明していた折。では、何か違いはあるのかな?と、調べてみたのが今日。よくよく観察してみれば、咲いている花の色や付け根の形で見分けられるそうですよ。 日本で育てられているサクランボの実がなる木は、ほとんどがセイヨウミザクラなんだそうで、それにしては自宅のセイヨウミザクラはサクランボがなったことがありません。それもそのばす。もう一本、別のセイヨウミザクラの木を植えないと造園家の方に教わりました。サクランボがならない、サクランボの木。デオシークの口コミ・効果※子供は?デオシーク・クリアネオ・ノアンデ比較